何から覚える投資術

ファンダメンタルズ分析とは何か

ファンダメンタルズ分析とは何か

アベノミクス効果で各課は上昇し、円高デフレ傾向から一転して円安株高傾向に転換したことで、日本経済が回復の道を進む中、NISA(小額投資非課税制度)がスタートすると、株式投資をする人が急激に増加しました。

新しい投資優遇制度NISAがスタートすると将来に向けた資産形成を考えるきっかけになるとも言われています。
ただし、NISAは年間の非課税投資額上限は100万円で年内に株の売却をした場合、非課税枠は再利用できないことになっています。

株取引がこのような優遇があり、テレビでもNISA口座を開設して取引スタートをすれば利益が大きいようなアピールがされていますが、株取引にはリスクがあります。
株式取引において、損が出る場合株式購入後に株価が下がり、ロスカットをすることが実際の損となります。

投資経験のある人で、株式購入後に株価が下がり含み損となった経験がある人は全体の90%いるのです。
ただ、投資経験が浅い人ほど含み損を恐れ、ロスカットにより損を出しているのです。

新人トレーダーが株式購入を判断するときに、ファンダメンタルズ分析をしている人は少なく、チャートでの判断や人気企業の株式購入をしている人が多いのです。
ファンダメンタルズ分析とは、投資判断を企業の財務状況や数年間の業績、経済状況、世界情勢や動向などから測ることで、一国のリーダーの交代や政策の発言でも株価が変動します。

代表的な例として政権交代でのアベノミクス効果があります。
ファンダメンタルズ分析は株式購入において極めて重要であると言えるでしょう。