何から覚える投資術

スキャルピングトレードの特徴

スキャルピングトレードの特徴

スキャルピングトレードとは、いわゆるデイトレードの形態のひとつです。
その最も大きな特徴とは、ときに数分で、早いときには数秒で取引が終了する「即売り即買い」が行われるという点です。
つまり少ない額ではあるけれども、高確率で利益が得られる方法であるといえます。

ところでなぜ「高確率で」利益が得られるのかと言いますと、それは特徴的な相場の動き方にあります。
恐らく今までにニュース等で、株などの値段の変動を表したチャートをご覧になった事があると思いますが、そこにある線はノコギリのようなギザギザの形状を描いていることが分かります。

つまり、相場は一度上がり始めるとしばらく上がり続け、その後突然、尖った山を形作るように折れ曲がり、しばらく下がり続けるという事です。
スキャルピングトレードは、このような相場の性質をうまく利用した方法です。

すなわち上がり始めた瞬間を見計らって買い注文をし、そして下がり始める前に即座に売りに出すことによって、非常に高い確率で利益を得ることができるのです。

スキャルピングトレードによる取引は、短い時間における利益幅の少ない方法ですから、投入する金額をできるだけ多くし、コツコツと増やしていくのが最善です。
しかし相場の動きを逐一把握しておかなければいけないため、モニターに張り付けになってしまうことがあります。
これが若干悩ましい特徴でもありますが、根気強く確実にお金を増やしたい方には特にオススメの方法です。