何から覚える投資術

スウィングトレードの特徴

スウィングトレードの特徴

投資のスタイルはポジションの保有期間に応じて呼び方が変わってきます。
保有期間が最も短く数秒から数分程度で決済をするのがスキャルピング、数十分から数時間程度で決済をして、日をまたぐことがないスタイルがデイトレード、そして数日から長ければ数か月保有するスタイルがスウィングトレードになります。

スウィングトレードの特徴は色々あり、トレードはチャートを分析して行っていきますが、そのチャートは期間が短くなればなるほど、ノイズと呼ばれる動きが増えてしまい、相場の予想が難しくなってしまいます。

ですのでスウィングトレードは3つのスタイルの中では最も簡単で、初心者にもやりやすいスタイルとなります。
またスウィングトレードは長期間保有しますので、値鞘の利益のみならず、金利でも利益を上げることができます。

初心者にも取り組みやすいと言いましたが、実際には初心者ほど最も難しいスキャルピングを行う傾向にあります。
この理由はいくつかありますが、やはりスウィングトレードのように長期間保有するスタイルとなりますと、仕事中や寝ている最中にも気になってしまい精神的に負担となるようです。

また一回の損失額も大きくなりますので、ポジションの負担を軽くしなくてはならず、短期売買よりも利益が少なくなってしまうことが、スウィングトレードを行わずに、スキャルピングやデイトレードを行う方が多くなっている理由ようです。

しかしスキャルピングやデイトレードは難しいので、それで勝てているのであれば良いのですが、勝てていないのであれば、一度保有期間を長くしてトレードをすると相場の流れが良く分かるようになり、その後短期でも応用できるようになります。